ブランデー買取ナビ.net|業者に惑わされない4つのポイント! TOP雑学 >ブランデーの種類って

ブランデー 種類

ブランデーの種類でよく知られているコニャック

ブランデーの種類の中で、代表的であるのがコニャックです。
コニャックは、フランスのコニャック地域で作られているものを指します。そのため、コニャック市以外で作られたものは、コニャックの名を語ることができません。

コニャックの特徴は、単式蒸留器を使って二度蒸留が行われることです。蒸留方法は厳密に定められていて、必ず守る必要があります。
また蒸留器の加熱の際は、必ず直火で加熱するよう求められます。コニャックのブランデーは、コニャック地域の中で土壌の違いにより、種類に違いがあります。最も高品質とされている土壌がグランドシャンパーニュであり、この産地の種類はブランデーの中でも重宝されます。

強い風味が特徴のアルマニャック

ブランデーに分類される種類の一つが、アルマニャックです。この種類は、フランスのアルマニャック地方で作られたものが該当します。この地域は、コニャックよりもブランデー作りで歴史が古く、伝統的な製法が代々守られています。
アルマニャックは、半連続式蒸留器を使用して作られるのが特徴です。それも時間をかけて一度だけ蒸留するのが、アルマニャック独特の製法です。こうした蒸留方法により、インパクトの強い風味が印象的なブランデーに仕上がります。アルマニャックの中でも、高品質の土壌から作られる種類が、バアルマニャック産のブランデーです。

リンゴの香りが人気のカルバドス

カルバドスは、フランスのノルマンディー地方やブルターニュ地方で作られるブランデーの種類です。このカルバドスの大きな特徴は、リンゴを原材料としている点です。一般的にブランデーは、ブドウを材料として作られます。しかし、カルバドスの産地は寒冷であるため、ブドウの代替としてリンゴが原料として使われました。
このようにブランデー作りの原料に種類の違いがあるため、カルバドスはリンゴ独特のフルーティな香りに人気があります。お酒を嗜む飲用目的以外にも、お酒を利用したお菓子作りには良く使われるブランデーの種類です。

               

topbtn