ブランデー買取ナビ.net|業者に惑わされない4つのポイント! TOP雑学 >ブランデーの飲み方

ブランデー 飲み方

シンプルにストレートで

ブランデーに限定されることではありませんが、一番シンプルかつ味を堪能できる飲み方はストレートです。コップに注ぎ、ワインのように少しまわすと芳醇な香りがするのでまずはにおいを堪能します。ブランデーはそれなりにアルコール度数が高い場合がほとんどなので、一気にがぶ飲みするような強引な飲み方は間違っています。
ブランデーは少しずつ口に含み、口内に広がるにおいを堪能してから喉に流し込みます。そして食事やおつまみを挟み、また少量を口に含むの繰り返しです。お酒に強い方はもう少しペースを上げても良いですが、基本的にストレートの飲み方は少量に限ります。

水やソーダで割る

ブランデーの飲み方として次に挙げられるのは水やソーダで割る方法です。利点として、ブランデーをある程度薄めることで飲みやすさが増しますし、割ったからといって芳醇な香りが失われる訳ではないので味も堪能できます。ソーダで割れば爽快な飲み応えを得られるので一味違ったブランデーに出会える飲み方です。
ブランデー初心者の方にもオススメな飲み方です。ストレートは味が濃く刺激が強いので、割ることで万人受けするようになります。飲みやすさが増すので、飲み過ぎには注意が必要です。ペースを考え、最初はブランデーの割合を低くして飲みたいです。

やや特殊な飲み方もある

ブランデーの飲み方として、ニコラシカやコーヒーで飲む場合もあります。ニコラシカは簡単に言うとブランデーと砂糖をまぶしたレモンを一緒に楽しむ方法です。レモンを二つ折りにしてかじりながら飲むことで、味に酸味が加わり不思議な感覚になります。やや通な飲み方なので、味に変化をもたらしたい方にオススメです。
コーヒーは、コーヒーとブランデーを混ぜるというシンプルな飲み方で、酔って良い気分になりたい時よりもスイーツ感覚で昼間などに楽しみます。なのでブランデーは数滴しか入れず、風味を足すイメージで使います。クリームやチョコレートを足すと、よりスイーツ感が増します。

               

topbtn