ブランデー買取ナビ.net|業者に惑わされない4つのポイント! TOP最初に知るべきこと >買取されないモノ

買取ができない状態のブランデー

ブランデーは、状態によって買取ってもらえないことがあります。ブランデーの保管状態がいかに良くても、買取不可能で値がつかないケースも意外と多いのです。買取されないものは開封品、目減りしているもの、瓶の欠け、落書き、日付の印字などです。開封品は特に一番多いケースです。一度でも封を開けて飲んでしまうと、それだけで買取対象外とされてしまいます。何故なら開け口からすぐに酸化して風味が落ちてしまうからです。売る予定があるなら絶対に封を開けないようにしましょう。同様に目減りしているブランデーも買取は不可能です。量が減っている場合、何処かから空気が混入しているか、液漏れしている可能性があります。売り物になりませんので、原則として買取はできません。瓶の状態も大切です。少しでもボトルが欠けているブランデーは液漏れのおそれがあり、買取はできません。査定前には今一度ボトルにヒビが無いか確認しましょう。落書きや日付が印字されているブランデーも買取されない代表例です。景品で貰ったブランデーには日付が印字されていることがあります。また、個人的なメモや子どもの落書きにも注意して下さい。残念ですが、ラベルに落書きや印字があるなら、自分で飲むか誰かに譲るしかありません。子どもの手の届かないところに置き、メモする際は別途用意しましょう。                

topbtn